4/01

どろろ

レンタルの割引券があったので、なんか見ようと思って、借りてきた。
柴咲コウちゃんが結構好きなので、なんとなく見たいな、とは思ってたんですが
手塚原作なので、やや避けてたもの。
# 別に手塚作品が嫌いというわけじゃない。その裏に流れていそうなものがちょっといやな感じ。個人的なものなので、あまり気にしないでください。

原作は確か全部読んだと思うんだけど、なんか、お話はあんまりよく覚えてないんだよね。。。
百鬼丸の設定と、どろろが刀を狙ってるってとこくらいか。覚えがあるのは。

ちゃちな合成と、派手なだけのワイヤーアクション。
よくわかんない急展開。というところが正直な感想。
完全映像化! とか、言わなきゃいいんだと思うんだけどね。
面白いか面白くないかといわれれば、そこそこ面白くはあるんだろうけど。

でもなー、なんかなーー。。。
手塚治虫でいまだに食おうとする、そういう感じがちょっと透けて見えてて、
なんか、どうも。べつにいいんだけどね。商業作品なんだし。

良かったといえば、多宝丸役の瑛太くんの声。
出てきた瞬間に、これは!!!!と思って、顔見たときに、あーーー、瑛太くんだって思った瞬間に叫んだ。
# だって、出てたのなんか、しらないもん。
あの子の声が一番良かった。
って、それだけかい。。。
あ、きいっちゃんもよかったよ。

 

Do you dare to leave a reply ?

Security Code: