‘映画のこと’ の話題

4/01

どろろ

レンタルの割引券があったので、なんか見ようと思って、借りてきた。
柴咲コウちゃんが結構好きなので、なんとなく見たいな、とは思ってたんですが
手塚原作なので、やや避けてたもの。
# 別に手塚作品が嫌いというわけじゃない。その裏に流れていそうなものがちょっといやな感じ。個人的なものなので、あまり気にしないでください。

原作は確か全部読んだと思うんだけど、なんか、お話はあんまりよく覚えてないんだよね。。。
百鬼丸の設定と、どろろが刀を狙ってるってとこくらいか。覚えがあるのは。
Read the rest of this entry »

 
3/23

マリー・アントワネット

前からちょっと見たかった映画。

ふらんすー。どれすー。おひめさまーー。

女の子の大好きな要素が目いっぱい詰まってるかんじ。
見ていて、ほえーーー。うわーー、かわいいーー。すてきぃぃぃぃ。ってのは 40 歳の主婦でも十分感じることができる。
政略結婚の悲しさとか、子供ができない妻のつらさとか、そういうものまで感じてしまうのは、歳のせいだろう。
まあ。細かいことは置いといて。

いか、ネタばれだといけないので。<映画の話は、どこまで書いていいかよくわからん。
Read the rest of this entry »

 
3/23

第 3 の男

去年、オーストリアに旅行するときに、見てみようと思ってたのに、半年も経ってからやっと見ることのできた映画。
戦後間もないオーストリアが舞台の映画です。
ストーリーは、そこそこ面白いと思うんだけど、、、、
字幕版しかレンタルになかったのですが、まあ、字幕があればと思っていたのです。
が、しかし。

字幕は、英語のところだけで、ドイツ語のところがない。。。。;_;
オーストリアは、ドイツ語圏なので映画の三分の一くらいがドイツ語だったような気がするんだけどな。。。

主人公はアメリカ人設定なので、ドイツ語の会話が続いた後は「なんていってるんだ?」とか通訳を求めて、肝心なところは英語になって、字幕になってるんだろう。かろうじて、私も、ドイツ語はわからないでもないし、
そんなに複雑なストーリーでもないし、まあ最後まで見ることはできたけれど。。。
うーん。。。残念だよね。
Read the rest of this entry »

 
3/15

ハンニバル・ライジング

古い方のレッド・ドラゴンとセットで借りてきて、見ました。
前にも一回見たような、見たことないような。。。(^^;
原作は、読んだ記憶がないので、小説になってるのかなってないのかもわかんないです。

映画のできとかはともかく。。内容が。。。。うーーーーん。。。。
まあ、ふるい映画なのでネタばれってこともないでしょうが。
正面切るもの、いかがなものかと。。
Read the rest of this entry »

 
3/12

レッド ドラゴン/レクター博士の沈黙

というわけで、古い方のレッド ドラゴンも見てみました。
公開時の邦題は「刑事グラハム/凍りついた欲望」みたいかな。
残念ながら、こちらはレンタルなので、ケースとかなくて詳細情報がよくわからん。そういえば、レクター博士の映画って、「ハンニバル・ライジング」とかいうのもあったんだよね。もちろんついでに借りてきたけど。

原作が同じなので、まあストーリーの大筋は変わらない。<当たり前だ。
新しい方が、もちろんよく練られてる。
残念ながら、こちらは、端々に唐突感があって、お話についていけないうちに終わっちゃった感じがしないでもない。
ただ、時代的な背景とか考えると、全体的にしっくりしてる。というか、「羊たちの沈黙」に縛られた感じがなくて、個人的にはこっちの方がちょっと面白かった。
Read the rest of this entry »

 
3/11

レッド・クリフ

久しぶりにTSUTAYAに行ったら、新作で入ってたので。
とりあえず、「赤壁」を見てみる。三国志は思い入れが深いので、原作から離れちゃってるものはあんまり見たことないんですが、これはまあ、そこそこイケてるかな。とりあえず、年齢設定があってそうなだけでも。
昔のアニメで、年齢設定すらめちゃくちゃなのがあって、そんときの諸葛孔明は妖怪みたいで。なんかそのときから、吉川英治と横山光輝以外の三国志はどうよ?みたいな。
#あ、中国のテレビドラマ版の「三国志」は結構いいです。
まあ、でも、三国志自体は結構好きなので、「レッド・クリフ」は見たかった映画。これも劇場には行ってないです。
以下、ネタバレだといけないので。
Read the rest of this entry »

 
3/10

ターミナル

なんか、ほのぼのしたい気分だったので、「ターミナル」です。
割と、トム・ハンクスは好き。
これも懐かしい映画だな。ちなみに持ってるDVDは、2枚組のやつ。
トム・ハンクス主演の映画は何枚かDVDを持ってますが、コメディタッチのやつはこれだけなのかな?ちょっと他の映画とは、感じが違って結構好きです。

この映画だったと思うんだけど、日本だけプロモーションの仕方が違ってって、それで日本での興行成績がむちゃくちゃよくて、それを聞いたスピルバーグが、そのときのプロモーションをした人を、「今後、自分の映画の日本興行は、その人にしかプロモートさせない」とか言ったとかいうやつ。
何でも、この映画は、他外国ではコメディ扱いで、日本だけ「祖国を失った男の悲哀」の話ということにになってたそうだ。それをスピルバーグがえらく気に入ったそうな。
ちゃんと覚えてないていうか、出所もよく覚えてないので、あれなんだけど。
Read the rest of this entry »

 
3/08

レッド・ドラゴンと羊たちの沈黙

「ハンニバル」のついでなので、見てみた。
結局シリーズものは、一気に見ないときがすまない性質ならしいな。

まあ、今見ても、「羊たちの沈黙」は、良く出来た映画だと思います。
ジョディ・フォスターのしてる指輪は、今見てもかわいいです。
モスグリーンのダッフルコートもすごいかわいい。そういえば、当時、あれにあこがれて、ダッフルコートを買ったなあ。いろんな意味で懐かしい映画ですね。若かったし。(^^;
ラストのほうの、バッファロー・ビルとクラリスが対峙するシーン。
なんとなく「危険な情事」のウサギ鍋のシーンを彷彿とさせてくれます。
手法としては古い感じがしないでもないですが、やっぱ、あの緊張感、好きだなあ。。。

「レッド・ドラゴン」は、リメイクのやつなんですが、
一番古いやつを見てみたいなあ。
レンタル屋さんにあるのかしら。。。
今度探してみよう。

Read the rest of this entry »

 
3/05

ハンニバル

何もこんな夜中に、怖い映画見なくてもいいじゃないかと、自分でも思うのですが。
レクター博士シリーズの最後のやつです。なつかしいなあ。。。
これは、やっぱ中古を購入したと思うのですが、Special box のやつ。Disc2 が未開封のまんまでした。<自分でも見てないってことだ。。。
私的には、このシリーズの一番最初は「羊たちの沈黙」です。「七時たちの沈黙」を劇場で見たのが、かれこれ17〜8年前です。特別版の DVD があります。これも中古と思う。そんで、その10年後が「ハンニバル」だそうです。
シリーズ的には、一番最初にあたる「レッドドラゴン」は、リメイクのやつ?を持ってます。古い映画の方じゃないやつね。もちろんこれも中古。でも、限定パッケージのやつ。どうせ買うならってね。根っこが貧乏人だから。
あ、整理しときますと。順番的には、「レッドドラゴン」、「羊たちの沈黙」、「ハンニバル」で、レクター シリーズ3部作なんだそうだ。アンソニー・ホプキンスのレクター シリーズ的には、「羊たちの沈黙」、「ハンニバル」、「レッドドラゴン」になるみたいだけど。
Read the rest of this entry »

 
3/05

エヴァンゲリヲン新劇場版・序

いまさら多くを語ってもしかたない作品の筆頭みたいんもんですが、
他に見るものなかったので、とりあえず、エヴァである。
DVD は、特装版を購入しました。
なんでも、この6月には、2作目が公開されるそうで、来週あたりから前売り券も発売になるらしい。

なんかさ、今改めて見ると
ヤシマ作戦で一発目が失敗した後、山が半分飛んじゃうくらいの反撃喰らってるのに、なんで、もっかい充電ができるのかなとか。
最後んとこで、零号機のエントリープラグを取り出すのに、頚の後ろのとこをナイフでがんがん刺したりとかして、ほんとにレイはだいじょうぶだったのか、とか。
しかも、カヲルくんとか、月面にいたりする。あいつ、謎の少年どころか、宇宙人だったのかーー。
とかなんとか、結構冷静に突っ込んだりして。
Read the rest of this entry »